やりたいことを仕事にするなら、正社員でなく派遣社員!?

週5日勤務、週休2日制のフルタイム労働。

セミリタイアするには労働時間のセーブもあると思うので

正社員はなかなか難しい。

フリーランスや投資では収入があんていしない、

パートだと収入が・・・

そんなときほかの選択肢といえば

 

 

やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい(大崎 玄長)を読んでみました

派遣職員という働き方

3か月や半年など比較的短期間の契約で働く働き方の派遣。

 

半年働いて半年は海外へ、

週3日程度働いてあとは自分の時間のために、

パートよりも時給がよく

正社員よりも残業や人間関係など負担が少なくて済む

 

セミリタイアやワークライフバランスにも

ぴったりマッチングしそうな働き方です。

派遣のデメリット

パートよりも時給がよく

正職員のようにサービス残業がない(残業するときは有給)

などメリットずくめですが

1つ大きなデメリットが。

 

契約が短期(最長3年が原則)で更新がされない場合もある。

 

3か月契約の更新をしていた派遣先が次回は更新しないといわれる可能性も

あります。

石の上にも三年と言われますが

石の上にも我慢して3年すると自動的に同じ職場にいられなくなる(例外あり)

 

リーマンショックなどの経済危機がおきれば

 

年越し派遣村

派遣切り

 

などネガティブ派遣が旋風します

 

まとめ

著者の大崎 玄長が派遣会社の社長であるので

派遣職員のメリットを大いに語っているのは・・・ということもありますが

 

雇用が不安定(マイナス)

期間限定で働きやすい

(やめるというより契約終了なので)やめやすい

 

 

特定期間働くなど自分にとってメリットがあればいい

働き方かなぁと思います

 

あとは

履歴書に正社員なら

 

2000年〇〇会社入社

2001年〇〇会社退職

 

と短期で変わると

書き加えなければならないけれど

 

派遣労働の場合は

同じ派遣会社に所属していれば派遣先がかわってもそのまま書ける

 

というのもメリットかなぁと思いました