セミリタイア生活への転機は会社への!?

セミリタイアしたいと思い

実行に移すタイミングを考えてみました。

 

それは会社への???

セミリタイアと会社員

 セミリタイアや完全リタイア。

会社員のあこがれかもしれません。

 

自分も仕事に縛られない生き方をしたい

金持ち父さん貧乏父さんの本を読み

働いて得る収入がすべてではないと知った驚き

などありました。

 

しかし実行するには

会社員・給与収入がなくなる

安定的にそのような収入を確保できるか

安定的に!

 

と考えると躊躇してしまう部分もあります。

 

ではセミリタイア突入の転機はどのようなものか

考えてみました

 

セミリタイアのタイミング

 

セミリタイアを実行に移すには

お金の面もさることながら

そのほかにも肩をたたいて押してくれるものが必要だと

思います。

 

それは大きく2つあるのかなぁと

思っています。

 

会社に不満がある

電通やワタミの過労死がクローズアップされ

安倍内閣の働き方改革ワークライフバランスも

叫ばれるようになった昨今

 

ブラック企業、そこまではいかなくても

長時間労働、仕事量の増加などの不満や

うつ病などで働くことが難しい

 

それなら。。。と考える

 

会社員と違ったフィールドで生きたい

最初の理由がネガティブだったのに対し

会社に大きな不満はないけれど

それとは違った一歩を踏み出したい

そんなきっかけ

 

まとめ

セミリタイアの転機はブログ等でみると

どちらもあるみたいです。

 

 

自分はというと

やはり最初の仕事の不満もしくは

仕事ができる体力気力精神状況でなくなったときかな。

 

今はそれほど不満もなく

やりがいも感じているので

すぐ!というわけではないかもしれないけれど

 

セミリタイアの計画や予算などを進めていけば

仕事をしなくっちゃ・・・

ではなく仕事をしたいときにする!できる!

と2つの選択肢ができるので

精神的には安定するように思います。

 

本業と副業という関係ではなく

 

複業(対等な複数の仕事)の1つとして

給与のもらえる仕事を位置づけられるようになりたいですね