株主優待でエンゲル係数を克服!?

エンゲル係数29年ぶりの高水準というニュースが

今話題になっていますね。

エンゲル係数とは

家庭の消費支出全体に占める食費の比率とのこと。

一体どのくらいになるのでしょうか?

株主優待がエンゲル係数を救う!?

エンゲル係数と2016年の水準

 総務省が発表した16年の家計調査がベースになっています

ちなみに家計調査は2人以上の世帯が対象です。

単身世帯は対象外とのこと。

 

 

この調査によると

 

消費支出は28万2188円

 

2人以上なので

3人4人もしくはそれ以上も含まれるとは思いますが

結構な額ですね

 

ではその消費支出に占める食料品の割合は!?

 

自分のエンゲル係数は?

その前に自分の場合は

エンゲル係数はいくらくらいになるのか?

考えてみました。

 

たいたい15~20%前後でした。

 

株主優待とエンゲル係数

株主のお中元お歳暮のような存在の株主優待。

外食産業では結構な企業が株主優待を実施しています。

 

自社店舗で使える食事優待券も多いです。

店舗のPRにもなるし

コスパもたかいのではと思います。

 

まとめ

株主優待が届く月は

エンゲル係数も少しではありますが

下がります。

ありがたい存在です。

 

少し長くなったので

エンゲル係数2016年の話題は次回つづっていきますね