エンゲル係数2016と株主優待(後編)

エンゲル係数2016年が話題になっています。

エンゲル係数とはざっくり

収入に占める食費の割合です。

では詳しく見ていきます

エンゲル係数2016が高水準に!?

全体の支出に占める食費の割合。

どれくらいになるのか?

一般に食費の割合、エンゲル係数が高いほど

家計がひっ迫している

貧困度合いや景気状況を占う1つの指標にもなっています。

 

総務省が発表した2016年の家計調査

(これは2人以上の世帯が対象。単身世帯は対象外)によると

消費支出28万2188円。

さてエンゲル係数、食費の割合はどのくらいになるのでしょうか?

 

エンゲル係数は25%!?

消費支出282188円のうち

食料品への支出7万2934円

前年の2015年より1090円増加

 

25%というと

全体の4分の1にもなります。

 

まとめ

 

天候不順での生鮮品の値上がりなど物価高

給与も一部しか恩恵が受けられないアベノミクス

逆に

デパ地下グルメの活況などプチ贅沢など

エンゲル係数と貧困景気とは連動が薄くなってきた

 

などさまざまな要因がありそうです。

 

給与上がらず物価だけあがった

これが本音かなと感じたりもしました