プレミアムフライデー(プレ金)満喫した人は5%!?

毎月月末金曜日は午後3時に退社し

余暇時間を満喫する。

経済産業省の旗振り役のもと

景気停滞する消費押し上げや働き方改革の一環として

2017年2月24日(金曜日)に鳴り物入りでスタートした

プレミアムフライデー(プレ金)その実態は?

 プレ金を満喫できる?

SankeiBiz 2/28(火) 18:29配信 記事によると

 

株式会社VSN(東京都港区)が実施した実態調査では、

半数近くの人が「自分には関係ない」と他人事で、

実際当日にイベントなどを楽しんだ人はわずか5.0%だった。

 とあります。

月末の金曜日という一番忙しい時期にできるのか?

など掛け声倒れで現実的ではないとの声も多数ありましたが

20人に1人。

 

その調査によると

当日の予定の1位は「未定」2位は「仕事」

 

午後3時で終わる予定の会社も本当に終わるのか?イレギュラーな仕事が入ったら

などで予定が立てづらいこともあるのでしょうか

 

プレ金の知名度は9割!?

電通やワタミの過労死事件などでクローズアップされた働き方改革

アベノミクスの失速感、なかなか景気がよくならないので

経済の活性化

そしてメディアも大々的に取り上げていたため

前述の調査でも

プレミアムフライデープレ金の知名度は9割近くあったとのことです

 

セミリタイアとプレミアムフライデー

  • 月末金曜日の忙しい時期
  • 労働時間が減るのはうれしいがその分給与が減れば
  • 実施できるのは大企業のごく一部

など定着するのは難しいとの意見も多々あります。

 

プレミアムフライデーがどうか?

よりも働く時間の削減、ぷらーべーと時間の確保

週40時間労働が当たり前ではなくいろいろな選択肢があるんだ

 

という働き方の考え方を変えるきっかけには

なったと思います

(プレ金が定着するかは??ですが・・・)

 

働く時間を減らしてほかの時間に充てるという面から考えると

セミリタイアもだんだんと受け入れられていくのかなぁ

とも思いました