働き方改革キーワードは「少しの我慢!?」

景気が回復傾向にあり

人手不足が深刻化する一方。

ワークアンドバランスや働き方改革も

絵に描いた餅にもなりかねません。

 

その打開策は「少しの我慢」!?

ヤマト運輸のニュースとかからめてみていきたいと思います

ヤマト運輸のサービス見直し!?

宅配業界は豊作貧乏といわれています

ヤマト運輸は2016年3月期の宅配便取り扱い個数は、

過去最高の17億3000万個。

 

通販サイトの取り扱い増加でさらに増えることが予想されます。

取扱量が増えて人手不足

でも引き受け単価は上がらず、従業員が疲弊していく

 

見直し内容を経営側も前向きに検討!?

 

時間帯指定の見直し

正午から午後2時指定は比較的利用が少ないので

正午から午後4時指定にし

従業員の休憩等を確保する

 

午後8時~午後9時の午前中の早い時間帯と同じくらい

忙しい時間帯の時間帯緩和

午後7~9時などになるのでしょうか?

 

取扱量総量規制

仮に今年度の取扱量までなどにすると

ヤマト運輸取扱量の4割近くになるおともあるという

アマゾンは影響をうけると思います

 

まとめ

確かにヤマトも佐川もゆうパックの配達員も

年を追うごとに忙しそう。

 

外部スタッフを頼んでいるみたいですね

ネット上にも仕方ないと

納得の意見も多数

 

次回さらに詳しく見ていきます

 

続く